農家のごはん ことほぎ

福崎町にひっそりと佇む登録文化財の旧小國家。ここの長屋門を利用した古民家カフェ「農家のごはん ことほぎ」です。

 

旧小國家は、江戸時代の庄屋で1871年(明治4年)の「播但一揆」で農民の身代わりとなり、すべての罪をかぶって多くの農民の命を救い、処刑された小國鐵十郎の生家です。その後、鐵十郎の孫の積治の代以降、産婦人科として使われました。産婦人科の先生を知る方は、貧しい人からお金をもらわずに診療をされるなど本当に患者さんを親身に思い尽くされた方だったとか。

 

そんな神聖な趣のある場所をお借りして牛尾農場の新鮮な旬の無農薬無化学肥料の野菜と自家配合の発酵飼料にこだわった平飼い卵や鶏肉を使ったランチを提供しています。たくさんの命が救われた場所で命を育む本当の食を提供したいそんな思いで「農家のごはん ことほぎ」は産まれました。

 

 

「ことほぎ」とは、漢字で「言祝ぎ」と書きます。

文字通り、言葉で祝うこと、という意味です。

旧小國家は、元々産院で、おそらく当時の女性たちも生れてきた赤ちゃんと幸せな時間を共有し、「おめでとう」と周りからことほぎを受けていたと思います。

そんなことを想像しながら、丁寧に栽培した野菜で、丁寧に料理をして、来てくださったお客様をお祝いする気持ちでお迎えしたい、幸せな時間の共有、それが「ことほぎ」という名前に込められています。

◎お知らせ

農家のごはんことほぎのHPにご訪問くださり、誠にありがとうございます。

 

10月13日と14日は地域行事のため誠に勝手ながら臨時休業させていただきます。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。


◆NEWS◆

2019年6月6日木曜日 21時からNHK教育Eテレの〝古カフェ系ハルさんの休日〟にことほぎが出演させていただきました。遠方からのお客様も多く、放送後混雑しております。出来るだけ早めのご予約よろしくお願いします◎


 

毎日、ありがたいことに大勢のお客様で満席となっております。ご来店いただいてもお席がなくご案内出来ないお客様や電話予約の際、空きがなくお断りさせていただいていたお客様、大変申し訳ございません。遠方からのご来店の場合は、必ずご予約お願いします。

※お席が少ないため、電話でご連絡の上ご来店ください。ご予約がない場合、すぐにご案内出来ない場合やランチの限定数に達した際ランチのご用意が出来ない場合もございますのでご了承ください。

↓2018年6月16日の神戸新聞さんに掲載されました。

旬の野菜


牛尾農場の新鮮な旬の無農薬無化学肥料で栽培した野菜を使ったお昼ごはんのお店です。「食」という字は「人」を「良」くすると書きます。食は本来人を良くするもの。食べて健康に元気でいられる食をお届けできたらいいなと思っています。お米は、牛尾農場のアイガモ農法で栽培したものを在庫がなくなれば福崎町産の無農薬のお米を使用します。玄米は圧力鍋でやわらかくもっちり炊き上げ、お子様でも食べやすいようにしています。

平飼い卵と鶏肉


鶏肉も卵も牛尾農場で初生雛からほぼ国産原料の自家配合発酵飼料で飼育したものを使用しています。抗生物質などの薬剤は一切使用しておりません。

鶏肉は、ひねどりを使用しています。ひえねどりは、固いのですが味が濃く美味しいです。お店では挽肉にしたものを使用したり、圧力鍋で柔らかくなるまで炊いてから味付けしています。

庭園


建物は、江戸時代末期から建っている国の登録有形文化財の旧小國家の長屋門をリノベーションして店舗にしています。

旧小國家の庭園には、季節の花が咲き四季折々の情景がとても綺麗です。

春のシーズンには、オープンガーデンも行っています。



※牛尾農場の野菜は、有機JAS認証は取得しておりません。今後も取得する予定はございません。有機JAS制度より厳しい自社基準での栽培管理を行っております。